スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロマネの時間確保 2010.04.23

タイトルに「術」をつけるか迷ったけど、このままでいいや。

プロジェクトを管理する立場になったとき、すごい馬鹿か、脳味噌がシンプルか、心がピュアか、経験が絶対的に足りない人は、クリティカルパス3ヶ月の仕事に3ヶ月しか要求しなかったりする。作業者が仕事を進めるために、予算だけでなく、時間を確保するのもプロマネの仕事だ。般職のプロマネは時間確保の基本形を知らないことが多い。般職は80%の成果でも評価されちゃったりすることが原因である。システム屋は0%か100%のどちらかしかない。

要求する時間:
クリティカルパス x 1.5 x 2

これは基本形だが、このメソッドに経営者や顧客が気づくと大幅に時間を短縮されてしまう。あるいはとても大急ぎで進めているプロジェクトの場合はもっと悲惨なことに、クリティカルパスを割り込むようなスケジュールを立てさせられる。

そこで有用な方法が、水責め式メソッドだ。

最初からクリティカルパスを提示し、「3ヶ月でできるとおもいます!」と元気よく発言。
そしてマイルストーン単位で、みみっちい中間生産物を提示し、しばしば発生したトラブルを報告し、数日単位で遅延が発生していることをエスカレーションする。現場で働いている人間に十分な数の請負がいれば、なるべく残業させる。疲れが見え始めたら、退職や転職を勧める。人がひとり減るごとに追加予算と追加の作業時間を要求する。役員や顧客たちは最初こそ激怒するかもしれないが、やがて疲れ果て、あなたと顔を合わせたがらなくなる。

このやり方はとても古いがあまり周囲でみかけない。
個人的には複数のベンダーや取引先が絡んだ業務において、各ベンダーに作業時間を大きくとらせて、それによる遅延にみせかけて役員に予定を延ばさせたことがある。結構うまくいく。状況を徒に複雑化させることがポイントだ。

いうまでもなく、トップから前倒しの指令が下る場合がある。そんなときはモックで納品して逃げ支度だ!
スポンサーサイト

検索サイトの選び方 2010.01.04

以前、「ムカツク検索サイト」ってエントリを書いてたけど、これを参考にしたのか「この基準じゃ携帯系は全然登録できないよ!」って言う方がいらっしゃいました。すいません、お返事できなくて。ずっとアカウント放置してました。

確かにそのままではまともに登録できませんね。でも大丈夫、携帯系は全然別世界です。

1.長く付き合うサイトを決めておく。
比較的マトモそうなサイト(規約が緩い割に管理がしっかりしてるサイト)を見つけたら、長く付き合うサイトとしてカテゴリ分けします。これらのサイトの規約は熟読し、可能な限り準拠します。

2.どうでもいいサイトをリストする。
ムカツク系に分類されるサイトですが、これは全部リストアップしておきます。間違って重複登録しないためです。
サイトURLとサイト名、登録日、承認日をエクセルかなんかで管理し、自動削除系サイトは行を赤くしておきます。赤いサイトは月に一回チェックして、削除されてたら速攻再登録します。自動削除系は大方マトモに管理されていないので、何回登録しても難癖つけられることはありません。ランキングURLが変わることがあるので、確認しておきます。

3.登録削除されても超スルー。
アカバン上等を覚悟して登録します。実はアカバンされたぐらいじゃ痛くも痒くもありません。てか、検索サイトなんか単なる踏み台以上の価値はこれっぽっちもないので、一々あの界隈のなんちゃって管理者(笑)の話なんか聞かなくていいです。あんなのは喋る畜生です。
最悪な検索サイトとして、登録削除サイトを晒すところとかあるじゃないですか。あれって実は、宣伝になってるんですね。あれを見て、興味本位で検索してくる人が結構いましたヨ。月に百人前後。コンテンツさえしっかりしていて、削除理由が言いがかり以外の何ものでもなければ、その中の1割くらいが常連さんになってくれます。

4.履行できない規約は無視。
妙なタグを貼れだの、タグはコピペしろだの、すっげ細けえとこもありますが、基本シカトでOKです。特に携帯系は群雄割拠なので。それでアカバン食らったところで痛くも痒くもありません。
知り合いに相互リンクせずに膨大に登録した奴とかいます。それで人を瞬間的にガッツリと集めれば、逆アクセスも稼げるので、まともな検索サイトに登録できる下準備ができます。

5.自分でできる限り踏んで置く。
ランキング系はIN/OUTで管理されています。大抵のランキングサイトは、携帯のUIDとUAを参照し、IPアドレスを制限してて、imgタグによる不正読み込みをBANするようにしています。手製ランカー等で不正が可能なランキングサイトはとっくに上位陣が不正をやってて突き崩せません。
ただ、IN/OUTがいずれも0だと誰も踏んでくれないので、少なくとも自分の携帯で踏んで置きます。0だとリストに表示すらされないサイトもあります。


検索サイトに登録するって行為は、すなわちお金のかからない宣伝なので、その点はそれぞれのサイトの管理者に一定の感謝と敬意を払うべきですが、システム的に実装できない規約を人力に求める雑魚管理者に一切の敬意は必要ありません。

検索サイト以外で登録して宣伝可能なのは、ブログ、SNS、ついったーあたり。媒体は昔からあるものばかりだけど、上記のように「面の皮を厚く」すれば一定の集客は可能です。過度の宣伝は風評を悪くして逆効果になるケースもあるので、そのあたりのさじ加減は各自体感で学ぶとよろしいかと思われます。

科学技術関係がのきなみ仕分け対象ですが 2009.11.14

もっと恐ろしいのは周囲の反応。

「スパコンなんて何の役に立つんだよ!」
とか
「具体的にスパコンでこんな成果が上がりました!ってのを語ってみてくれよ」
とか
「CPU売る企業もない日本でなんでスパコンで世界一になる必要あるんだよ」
とか

えっ、そこから!?

みたいな…。
こういう書き込みしてる子がまだ義務教育も終わってない高校進学も危うい低偏差値な洟垂れと思いたい。

科学技術ってのは、いきなり小型の携帯電話端末を作り出す魔法の呪文がひとつあるわけじゃないんです。
たった一つの携帯端末は

糞の役にも立たない基礎研究技術の超巨大なピラミッドの頂点に立っているのです。

そのピラミッドを構築するための基礎研究費は莫大だから、「携帯端末を開発します、だから開発費を毎年200億出して下さい。十年後には成果を上げます」なんて言っても、どんなに現金じゃぶじゃぶ余ってる企業でも見向きもしないです。

だから、「スパコン世界一」という予算を引き出せる最もらしい錦の御旗が必要になる。

パソコンのCPUとスパコンを同列に語る無知蒙昧さには寒気がする。こういう自分の四畳半かせいぜい六畳の狭い空間に置いてあるエロ画像と動画満載のパソコンだけがすべてみたいな人っているんだな。恥ずかしいという感覚がないのか素で言ってるのか。
そして、糞の役にも立たない基礎研究のピラミッドの頂点にあるPC端末から、こういう書き込みしてるわけですよ。基礎研究が何の役に立つのかと。

生まれたての赤ん坊が何の役に立つんだよ!
クソして泣くだけじゃねえか!
てめえのクソガキなんか殺してしまえ!


こう言われたらどう思いますか?

ちなみに殺した赤ん坊は生き返らない。失った技術も戻ってこない。

新税案 2009.11.10

たばこ税増税ですって。悪いモノに課税するってとっても楽ですねっ!

たばこに限らず、人様に迷惑かける可能性や非難を受ける可能性のあるものにはこの際どんどん課税しちゃったらいいと思いますよ! 借金時計見て下さいよ! たばこだけじゃ回収できっこないって!

ペット税
無責任な買い主、他人に迷惑をかける買い主を減らす方向で。小鳥などの小動物にも課税。世の中、犬嫌いが多いから、大型犬とか中型車並に課税。最初は血統書から→ペットショップ→一般飼い主→小動物→昆虫。

肥満税
たばこ税って健康増進法の先駆けでしょ。標準BMI超えた奴には課税した方が良い。あと、日本でもデブには飛行機とかの運賃を追加課金したらいい。糖尿や高血圧と違って、ニコ中同様コントロールのきく話でしょ。
ちなみに肥満税はアメリカで導入予定だから、日本でも導入される可能性は高い。

パチンコ税
本国コリアでは禁止遊戯なんだから、玉一個につき1円くらい課税。景品1個につき1割くらい課税。

18禁税
18禁の店舗やコンテンツに掲示されるあのマーク。あれ自体に課税。掲示無しは摘発対象。

香料税
すべての香りを発する(抑える)ことを意図した成分に課税。成分に香料が含まれていたら飲食物も対象。香水で気分悪くなるのはあなただけじゃない。

情報発信税
こういう無責任で不愉快なブログを少しでも減らすため、Webでの不特定多数対象の発言に字数課金制で課税。

楽器税
著作権で保護された楽曲を無断で演奏する可能性のある楽器として使用できる可能性のあるものすべてに課税。
でもこれはJASRACに任せて私的録音補償金みたいに課金するのが一番てっとりばやい。
実現の話が出たら「声もか!口笛もか!」と息巻く奴大量発生(予想)。

社畜税
36協定に違反したオーバーワークの従業員に課税。給料天引き。最初は定額課税で、徐々に引き締めていけばいい。仕事ごっこに勤しむ社畜は日本のGNPにほとんど貢献していないし、社会にとっても会社にとっても迷惑な存在という風潮が広まりつつある。

深夜営業税
深夜時間帯に営業する店舗・企業にガッツリ課税。原則無休の工場をどう抑えるかが導入の鍵。

ポイントは既に課税されてるものは増税すればよくて、新しい税を導入するってところ。導入も一般市民の目に見えない店舗や企業から少しずつ導入して、いつしか「それ税金払わないとだめなんだよ」みたいにしていくのが一番いい。ミンスはこんなとこみないだろうけど、ロビイストが目にしちゃう可能性を考えてあげてみた。

ステルス 2009.09.09

b2.jpgどうする? ブログのやらせ問題--ライブドア、サイバーエージェントらが議論[cnet.com]

みんな薄々勘づいていたり、既に通販新聞でも告知されたりしてたところに、辻希美がやらかした件を小田原が嫌いな探偵ファイルがすっぱぬいたせいで、急にこの単語が広まった。

ステルスマーケティング

気持ち悪い言葉だけど、実を言うとやっている業者にはあまり罪悪感というものはない。ある種のアフィリエイトに近いもので、成果報酬ではない特殊なシステムがある。つまり、cnetの元記事には嘘がある。発言者がライブドアの人だからなんとも言えないけど、品物ご提供でクソ忙しい芸能人に記事を書いて貰えるほど世の中甘くない。真実はもっとドロドロしてる。

なんで罪悪感がないかというと、今までやってきたアフィリエイト出稿と同じ形態だから。ブロガーがアフィラーから芸能人になっただけ。成果報酬じゃなくなっただけ。芸能人は「広告書けって言われたんだけど・・・」で見出しを飾っても構わない。アフィラーだってアフィリエイトかどうか(素人には)わからない方法を使う人もいる。だから同じでしょ、というのが出稿側の印象。
技術的には、アフィリエイトにはASPをクッションにするからリンクにマウスカーソルを載せるだけで判別できるし、ジャンプ後にクッキーを空にすれば成果報酬は計上されない。他方、ステルスの場合はそれが広告であることを識別する方法はない。下手をするとリンクすらなかったりする。中にはほんとうに好きで紹介しているだけのものもある。仕事に合間にドラクエやってたら写真付で載せたくなるのが人情。でも多分、スクエニはあんなにたくさん出稿していない。

罪悪感はないと書いたけど、正直バブリーな広告形態だと思うし、そんなに長続きしない予感はある。だから出稿主は効果が高い今のウチに打っておきたいんだと思う。
この件に関して息巻いてる人たちって、「フリーウェアが有料化したってびた一文払ってやるもんかっ」って連呼してた乞食と同じ臭いがする。予告無く有料化しやがった、騙された、あざとい、これで儲けるなんて許せない!みたいな卑屈さ。ネットでまで情報護送してあげないといけないの?って一部の人たち冷ややかだったじゃん。行動スキミングなんかの問題に比べると、カナリちっさい話だと思うのだけど。それにツッコミどころ間違ってる。
例えばさ、若返りサプリなんかだと、「これで実年齢-10歳」なんて広告に誇大表示しちゃだめなんですよ。だけどステルスの場合、それが広告かどうかわからないから、めちゃくちゃ嘘書いてても誰も指摘できない。サイバーはチェックしないって言い切っちゃってるし。
ただ、この種の広告のターゲットになっているF1~F2層は情報に疎く、芸能人に対する猜疑心も薄い印象。意外にしばらく続く可能性もある。

とりあえず、辻希美が自分の旦那のブログを読んでいないことはわかった!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。